スバルで期間工やるわ ~赴任前日のトラブル編~

期間工

はるばる飛行機を使い無事太田駅に到着出来た自分。

が! その日は厄日かと思うくらい不運、というか小さいミスが重なりまくった! 今回はやや日記っぽい感じですが戒めも含めてネタにします。なおほとんどヒューマンエラー…。

高速バスでいざ新千歳空港へ!

飛行機の出発時刻は11:20、でもどうせなら空港をぶらぶら散策したい…。そう思った俺は家を出る時間をやや早めることにした。ちょうど空港への高速バスが最寄りのバスターミナルから8時過ぎに出ているので今回はバスで空港へ。

時刻は平日の朝だが意外とお客さんは乗っており、始発から乗ったにも関わらず途中の停車駅でも何人か乗り込み、全員合わせておよそ20人ほどの乗客。意外と重宝されているのだな、とわかる。

バス車内は無料のwifiが備えられており、せっかくなので利用してみようと接続。しかし使えない…というかwifiは繋がっているのにツイッターもネットも見れないという状況。仕方ないのでwifiは切り携帯回線で普通に暇を潰していると1時間程で空港に到着。

あとは荷物を預けて空港の中をぶらぶらするか~! と思っていたのだが、これからが厄日の始まりであった…。

最初のトラブル、搭乗便が欠航!

今回の航空券はエアトリを使ってエア・ドゥの便を予約していたので自動チェックイン機を使い搭乗手続きを行う。

…が、予約番号と確認番号を入れるとチェックイン機に出たのは

「現在この便の取引は停止しております」

どういう事だろう…。

もう一度やり直してみるものの出るのは同じ内容。そこで考えたのは操作する時間が早すぎてまだ発券可能な時刻になってない、という事。

(今は9時20分頃、出発時刻まではまだ2時間。よし1時間くらい時間を潰して10時過ぎにもう一度試してみよう)

せっかく出来た時間なのでこのタイミングでエア・ドゥの搭乗手続きカウンターの位置を確認した後、近くの休憩スペースに腰を下ろす。うん、暇だ。

そして10時過ぎ、もう一度自動チェックイン機に番号を入れてみた。

欠航便:機材繰りの為

えっ!!!!!!

一気に顔が青ざめていくのがわかりました。念のためもう一度だけ番号を入れて確認。やはり欠航便の文字は変わらず。

こうしちゃいられねぇ!! すぐさまエア・ドゥの受付カウンターまで行くともう既に長蛇の列…。なるほど欠航するのは間違いじゃなかったのね。

ここで怒鳴り散らしてもどうにもならないので素直に列に並び始めました。既に並んでる人は電話で

「いやー欠航だってよ」「そっち行くの多分遅くなるわ」

といったような会話をしています。自分も一応スマホでも確認してみるかー、と調べてみたところやはり機材繰りの為欠航の文字が…。

うん、これは受付の人に話して振替の案内してもらった方が良いな!

お詫び券をもらったので空港内でグルメをキメるが…

並びに並んで約40分、10時50分頃にやっとカウンターに到着。受付のお姉さんに欠航便に乗る予定だった事を伝えると平謝りされすぐに振替便の案内を受ける。どうやら最速だとANAの13時30分の便に乗れるようだ。

ここでゴネても意味がないのでOKを出すと、なんとお詫びに2000円分の飲食券を頂いた。

お姉さんによると空港内での飲み食い以外にお土産も買えるらしい。

これはありがたい、ありがたいがいざ飲食で2000円分をあと2時間半で使い切れ、と言われると時間のなさと空港内のリサーチ不足のせいでどこの店に入るか決断できない…。

とりあえず手荷物カウンターで荷物を押し込み、手ぶらになってから空港内を散策。

ラーメン、肉、いくら丼…魅力的なラインナップの空港内だがぐるりと歩いてたどり着いたのは結局ラーメン。いつもはトッピングしないけど、今日は1000円までならタダのお詫び券が2枚もある。ちょっと高いラーメンを頼み、更にトッピングを添えて1000円超えるくらいのラーメンを注文。残りの券はお土産としてお菓子を買う。これだ!!

出てきたのはWチャーシューメンに味玉を追加した一品。

家を出る前に朝ご飯を食べてきたが、ラーメンとなれば別腹。おいしゅうございました。

お詫び券は残り1000円。出発までは残り1時間半ほど。何か良いお菓子はないかな、とぶらついていると美味しそうなものを発見。

じゃしん「この券って使えますか」

店員さん「あー、これ飲食券なんでこの店では使えないですね」

なんという事だ…。

いや、まだ希望を捨ててはいけない。他の店でもチャレンジしよう…。

30分後、ほとんどの店で使えない事がわかる。お土産に使えるんじゃなかったのかよー。

やばい。残り時間はあと1時間。お土産を買えないのであるならもう強引に腹にこの1000円を流し込むしかない! もう別腹にラーメン流し込んでるけど。

急遽飲食店をリサーチ! 狙うのは値段が高めで量が少ないメニュー!

そうして見つけたのコーヒー店。ここで残りの1000円分を使い切る。

頼んだのはチョコパフェとコーヒー。やっぱり甘いものとコーヒーは合う。

しかし悲しいかな、平時であればゆっくり食べるのに残り時間がそれを許してくれない。急いでチョコパフェを掻き込みコーヒーを飲み込む。真冬なのに冷たい物を一気に食べた時に起こる頭痛、あれやったの初めてですよ。

支払いを済ませると飛行機が出るまであと30分。出発カウンターへ行くと既に受付が始まっており、急いで通過。ロビーに入った…ところで急な便意💩。

うっそだろお前と思いつつすぐさまトイレに雪崩れこむ。幸いにも大の方は空いていたのですぐに用を足せた。紙…神に感謝。

飛行機出発まであと15分。かなりギリギリだが機内になんとか滑り込む。ここでシートに座ると間に合ったという安堵感が体を包んだ。羽田への到着はおよそ3時。少し休めそうだ…。

京浜急行に乗り込むが浅草橋で間違えて下車する

羽田に到着し荷物を回収、その後面接時に頂いた太田駅までのルートに従い京急エアポートに乗り込…もうとするが何番で行くのかわからん…。仕方ないので改札にいる駅員さんに浅草まで行くにはどこで待てばいいのか聞いてみる。

「浅草ですね、2番線で待っていれば大丈夫ですよ。あと5分もすれば来ます」

親切な駅員さんだ…。すぐさまPASMOの用意をする。こいつはホンダ期間工時代に買ったものだが、ついに永い眠りから覚めた。

残高105円。

これは浅草まで全然足りない。券売機に行き即1000円チャージ。2番線に電車が到着するまであと2分、ここでも急かされてしまう。

無事京急エアポートに乗車。荷物が多いので座席の上の荷物置きに預けて浅草まで行くことに。

しかし停車駅をまたぐ度に増える乗客に不安を感じ始める。

浅草についた時、この座席の上から荷物を取る時間とスペースがあるのか…?

久しぶりの東京、浅草での込み具合が全く予想できない…。スマホで路線図を調べてみようと手を出してる時、次の停車駅は浅草橋、と車内アナウンスが流れる。

浅草ではない、でももしや…。そう考えると上に置いた荷物を下ろして浅草橋で下車。

…なんか違う気がする。

一応改札まで登り駅員さんにちょっと質問してみる。

じゃしん「東武伊勢崎線の浅草駅に行きたいんですけど」

駅員さん「あー、2駅先だよ。そこからちょっと歩くから気を付けてね」

じゃしん「うひゃー、ありがとうございます」

はい、ミスでした。結局次に来た電車で今度こそ浅草へ。

浅草から浅草へ行くだけなのに迷う

やっと浅草に到着。今度は凡ミスしないぜーと思いながらまたもや駅員さんに助けを求める。

じゃしん「すいません東武伊勢崎線の浅草駅に行きたいんですが…」

駅員さん「それならA5の出口を出て左にまっすぐ行けばすぐ着くよー、歩いて2分くらい」

じゃしん「ありがとうございます!」

よーし徒歩2分でまっすぐ行けばいいならもう目の前じゃん! 間違えたりせんやろ!

重い荷物を持ちやや汗ばんできた体だが浅草の風は涼しかった…。現在17時。もう日は落ちて夜が始まりつつある。

少し歩くと大きな交差点に出る。右を見るとスカイツリー、肉眼で見るのは初めてで思わずスマホのカメラで一枚撮影した。ここで気付いておけば、と後で思い知らされるチェックポイントである…。

横断歩道を進み、進み、進み…5分が経った。

おかしい! これはおかしい! すぐにスマホでグーグルマップを起動、現在位置を確認するが東武伊勢崎線の浅草駅がどこにあるのかわからない!

これはアカン! そう思うとぐるりと回って元の場所に戻った。

A5の出口に戻りまずは周囲の分析をしてみると交番を発見。よし、聞きに行こう。

じゃしん「すいません、東武伊勢崎線の浅草駅ってどちらにありますか?」

お巡りさん「それならあそこ、ほら見える? あの大きなテレビ画面、あそこが浅草駅だよ」

じゃしん「ありがとうございます!」

さっきスカイツリーを撮った交差点をそのまま中州に向かって進んでいけばよかったとの事。これはメンタルに来ますね…。

実際に移動したルート。土地勘なさすぎる…。

特急「りょうもう」に乗れたのであとは消化試合…と思っていたら別の便だった

やっと着いた事実上のゴール、東武伊勢崎線浅草駅。ここまで来れば後は特急に乗るだけ。やったぜ。

特急「りょうもう」の料金は乗車券と特急券合わせて2130円、なるほど全席指定席ならこの料金もやむを得ない。

現金で支払ってさっそく改札を通る。駅員さんが17時40分より3番ホームから出発します、と教えてくれたので見てみるともう既に始発待ちの電車が。

乗り込んで席に座ると疲れのせいか目を閉じてしまった。眠気があるわけではないけど今はとにかく休みたい…。そのうち特急も動き始めた。

…しかし数駅過ぎた所で乗り込んで来た他の乗客に声を掛けられた。どういう事だろう、と確認してみるとなんと自分が買った乗車券はこの特急のものではなかった。一本後の特急が「りょうもう」だったのに気付く。

これには大いに焦った。すぐに席を譲り車内の車掌さんに声を掛けて相談する。

じゃしん「どうすればいいんでしょうか…」

車掌さん「この特急の終点で降りて、2つ先の駅まで進めば『りょうもう』の停車駅になりますので、そこで合流すれば大丈夫ですよ」

じゃしん「あ、ありがとうございます… 😭 」

りょうもうとの合流駅、首の皮1枚繋がった…

車掌さんの心遣いがありがたい…。東武伊勢崎線はいい人材が揃ってますね…。

太田グランドホテル到着! しかし飯屋が全然開いてない

様々な困難という名の凡ミスを乗り越え、ついにたどり着きました。スバルのお膝元、太田。到着時刻は実に19時20分。当初の予定を大幅オーバーですよ、これ。

すぐさま今日の宿、太田グランドホテルにチェックインするとまずは夕飯を食べられる所を探しに歩いてみる。

いやここ飲み屋とパブぐらいしかない…。

何か良い店ないかな、と引き続き歩いていると客引きのおっちゃんが「イク?イク?」とか話しかけてくる。もうやめてくれ、今日は本当に疲れてるんだ…。

歩いて30分、結局外食は諦めてコンビニで買ってホテルで食べることにしました。

最後の小さいミス

買ったのはおにぎり二個にのむヨーグルトとカニカマのしたらば。

まぁこんな日もあるやろ、むしろブログのネタになるからラッキーくらいに思う事にしよ! と思いながらカニカマを食べると口の中に急に辛味が…。

そう、普通のカニカマを買ったつもりがからし入りのカニカマだったんです…。

最後まで今日はほんと厄日だな、と大きくため息をつくとじゃしんは大浴場へ疲れを取りに行くのでした。

これからスバルへ行く、という皆さんは自分の二の舞にならないよう気をつけてくださいね、ではまた!

コメント

  1. 荒野の災厄娘 より:

    浅草駅ってややこしいんだよな・・・うちも何回か迷ったわ

    • じゃしん じゃしん より:

      地方から上京マンだと本当に困っちゃう
      しかも観光じゃなくて移動のバイパスに使う目的だと焦る焦る

タイトルとURLをコピーしました