期間工生活始まったけど食事がキツい! その時どうすればいいか

期間工

ついに始まった期間工生活、初めての交代勤務を経験するという方でこれから仕事をするのにご飯を食べられない、食欲がない…という方もいるのではないでしょうか?

はい、自分がそれでした…。

自分の場合は元から胃袋がそこまで大きくなく、おまけに歳を取ったせいか油っぽいものが特に食べられなくなってしまい、揚げ物なんかが出ると敬遠するようになったので苦労しました。

今回はスバルで期間工を始めて日が浅い時に起こった食欲とのバトルについて書こうと思います。無理矢理にでも飯を食べた期間工の心境をご覧ください。

作業の習熟が始まるのでご飯をしっかり食べるつもりが…

経験上、ご飯だけはしっかり食べておかないと体力も持たないし、何より仕事してるときにちゃんと動けるように1日3食は食べなきゃ、と思っていました。

しかし配属初期は座学や先輩期間工の動きをじっと見ているという事の方が多く、運動自体が全然出来てないせいであまりお腹が減らない…。

それでもやっぱり3食ちゃんと食べなきゃなー、って思いはあったので早番の朝に寮の食堂にご飯を食べに行った訳なのです。

朝食の途中でもう食べるのをやめたくなる

朝の5時過ぎに普通に朝の定食を頼んで食べ始めたんですが、残り半分くらいになって急にスピードダウン。

自分でもびっくりするくらいもう食べたくない、残したい…。なんて思っちゃったんですよ。そりゃ仕事してるとはいえ、この時はほとんど作業の目視でエネルギーの消費はしてない。体はそこまで栄養を求めてないからストップ掛けますよね。

しかし、というかここで自分の場合は食べ残して残飯にしちゃうの勿体無いなーとか考えるわけで、そうなると目の前のご飯はゲームのボスか何かに見えてきました。仕事するより飯食う方が辛いなんて経験、過去にないのでかなり驚きましたね…。

強引に食べ切った後のバス通勤

普通に食べているだけでは戻しそうになって辛いので、水と味噌汁で残りを強引に胃に流し込む作戦を取るとすぐに食堂を出て通勤バスへ向かいます。この時点でちょっと気分が悪い。

バスはもう到着してたので席に座って後は工場に着くのを待つだけ、という状態だったんですがいつもならスマホをいじる余裕があるのにその時は全く気力が湧かず、もう目を瞑って両手を組んで俯いてました。完全に体調悪い人です…。

作業開始後、どうなったか…

やっと工場に着いて保護具(体を守るサポーターのようなもの)を装着すると体が仕事モードに入ったのか、徐々に調子が上向いて来ました。

朝のラジオ体操をして、現場に立って先輩期間工の動きを見始める頃には完全に復調し、普段通りの体調に戻り一安心。いやはや一時はどうなるかと思いましたが何事もなくてよかったです。これで吐いちゃったりしてたら元も子もないですからね。

最後に:ご飯を食べられない、食べるのが辛い時は

今回の件で環境が変わった事や生活のリズムにまだ慣れてないという事で食事が喉を通らない、という方は期間工を始めたばかりの方には少なからずいるのかも、とおもうようになりました。

そもそもホンダで期間工を始めた時にお世話になったつきのわ寮、自分の入った当初は食堂がオープンしていなかったので自分でコンビニで好きな物を買ったりして食べる量を調節出来てたんですよね。となると年の差はあれどやはり体が慣れる前は食べられる量も変わってくるのかな、と。

スバルの期間工受け入れの時、教育をしてくださった方からはちゃんとご飯を食べるようにと言われましたが、始めの1か月で体がまだ慣れてない頃の場合は個人的には毎食しっかり食べるのではなく、食事の回数は変えずに気持ち悪くならない程度に食事の量をセーブして、自分の体調に合わせて少しずつ量を増やしていけば良いのかなと思います。

もし期間工始めてからご飯食べるの辛い…と思った時は量ではなく回数を意識してみてください、きっと楽になるはずです。ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました